美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

男の子よりも女の子の方が育てやすい理由【男の子を高齢出産するリスク】

      2015/02/14

妊娠中の女性の中には、次のようなことを一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

「女の子の方が育てやすい。」

「女の子の方が出産が楽。」

このようなことを聞くと、「男の子よりも女の子が良い!」とか「女の子を産める人が羨ましい。」なんて思ってしまう女性が多くなるかも知れませんね。(参考:妊活中の女性にとって興味深い男女産み分け法とは?

もちろん、男の子にも将来的に収入源になってくれるとか、重い荷物持ちや日曜大工を手伝ってくれたりなどメリットはたくさんありますよ。女の子を羨ましがる一方で、男の子を羨ましがる方もやはり多いですよ。

女の子のほうが育てやすい理由

ところで、なぜ女の子の方が育てやすいとか、出産が楽などと言うのでしょうか。

まずは、育児の面で言うと、男の子の方が女の子に比べて病気にかかりやすいと言われています。それに加えて、ある程度大きくなった時に、お母さんのお手伝いを積極的にこなしてくれたり、兄弟の面倒を見てくれることが多いことも理由として挙げられています。

とは言っても、あくまでも「女の子にそういう子が多い」というだけで、男の子の中にも風邪を引きにくい丈夫な子はたくさんいます。お母さんのお手伝いをしていたり、兄弟の面倒をしっかり見ている子もいます。これに関しては、お母さんの育て方も関係しているかも知れませんね。

男の子は体重が重いため妊娠の負担も大きい

それから、男の子は、女の子に比べると体重の大きい子が多いですよね。なので、妊娠中にかかるお母さんの負担も大きいのですが、出産時のお母さんの負担もかなり大きいようです。さらに、出産時にお母さんのテストステロンレベルが上昇しやすく、免疫力を老化、低下させやすいとも言われています。

女性の体は年齢とともに男性ホルモンが多くなるのですが、お腹の中に男の子が入っているのか女の子が入っているのかによっても、男性ホルモンの量が変わってしまうようですね。

また、男の子の出産は、年齢とともにリスクは高くなると言われています。そうでなくとも、男の子を生むと、産後の生存率は低下する傾向にあるようです。高齢出産はリスクが高いと言われることが多いのですが、女の子よりも大変な男の子の高齢出産はさらにリスクを高めてしまうようです。

「1人目は女の子、2人目と3人目は男の子が良い。」なんて古くから言われるのには、やはり色々な意味が込められているのですね。

元気で生まれてくれれば男の子でも女の子でもいい

ただ、基本的には、傾向的なものばかりを気にするよりは、「元気で生まれ育ってくれれば、男の子でも女の子でもどちらでも良い。」なんて言う考え方が一番でしょう。男の子には、女の子にはない魅力もたくさんあるでしょうから。

病気にかかりやすい男の子なら、できるだけ健康面を考えた食事や生活習慣を考えて育ててあげることも可能です。男の子を産んだことで免疫力が低下したように感じるのであれば、自分の健康のために努力できることもありますよね。

産後はしっかりと休息を取って、早く体が回復するように努めるとか、食生活や生活習慣に十分に気を付けることもできるでしょう。





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2歳児のイヤイヤ期が始まった時の親の心構えと対処法

小さいお子さんを持つママなら、1度は2歳児の「イヤイヤ」の対応に困った経験がある …

妊活中に心掛けたい習慣は?【適切な妊活の方法とは】

「子供は授かり物」と言う意識が以前に比べて強い最近では、「妊活」と言う言葉をよく …