美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

電子タバコには害がある?安全性について

      2015/06/18

電子タバコと言えば、禁煙を希望している方がタバコに代わる健康的なものと言うイメージが強いものですよね。ところが、これはあくまでもイメージで、実は電子タバコによる被害を訴える人が増えているようですね。ニコチン入りの電子タバコに関しては、日本では数年前から販売が禁止されたようです。

電子煙草は本当にニコチンが使用されていない?

つまり、今現在販売されているのは、ニコチンが使用されていない電子タバコです。いや、本当にニコチンが使用されていないものもあるのでしょうが、ニコチンが僅かに使用されているものもあるようです。近くの店で販売されている電子タバコには、僅かながらニコチンが含まれているものは置いてあるかも知れませんね。

発がん性有害物質も

それから、電子タバコで何らかの害を与える可能性のあるものって、ニコチンだけだと思っていませんか。実際には発がん性のある有害物質も含まれていて、世界保健機関(WHO)では電子タバコを使用しないように注意を呼び掛けているようです。とは言っても、ニコチンが含まれているかどうかって、単に成分表示をチェックしただけでは分からないこともありますよね。

分析試験成績書があるかをチェック

こんな時には、電子タバコの専門店を利用して、分析試験成績書があるかどうかをチェックしてみるのもお勧めです。分析試験成績書は、専門機関でニコチンの分析試験を行った結果を証明するものです。ニコチン以外の成分に関しては、どのくらい明確に記されているのか、有害な成分が含まれているのかを表示できちんと確認しておくことが大切です。

電子タバコ依存症も

また、こんな電子タバコは依存症になりやすいと言う話もあるようですね。禁煙ができないと言う方にもっとも多いのが、ニコチンが依存症になっている方でしょう。このように考えると、ニコチンの依存症をニコチンの含まれていない電子タバコで紛らわせるのは何となく効果的な感じがしますよね。

ただ、禁煙を始めた方に「口が寂しい。」などと感じる方が多いように、電子タバコで口の寂しさを紛らわせるようになる可能性もありますよね。「口が寂しいから電子タバコが止められない。」なんて言うことも十分にあり得ますよね。

逆に、電子タバコを止めたところで、何か食べ物を口にしていないと気が済まなくなって、過食や肥満に繋がる方も多いようです。結局の所、本気で禁煙を考えているのであれば、「電子タバコで禁煙の辛さを紛らわせよう。」なんて言う甘えは無しに、本格的な禁煙に踏み切った方が良いです。

最近では、禁煙治療で医者に通っている方も増えていますよね。禁煙治療を扱っている近所の医者は、「ファイザー」のホームページで簡単に探すこともできます。専門家である医師に頼るのも、より禁煙へのやる気も高まるのではないでしょうか。

費用面を気にする方も多いでしょうが、禁煙治療の費用は2~3ヶ月で13,000~20,000円程度と言われています。これなら2~3ヶ月分のタバコ代よりも、断然安く収まるのではないでしょうか。

参考:禁煙治療にはどのくらいの費用がかかる?【健康保険適用の要件とは】





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

職場に窓は必要?【職場に窓があるかないかで仕事の能率に変化】

「職場は仕事をする場所なので、窓があるとかないとかそこまで環境にこだわらない。」 …

生理痛は月経困難症まで激痛になると大変!【辛い生理痛を伴う病気とは】

毎月の生理の症状は、生理痛と出血だけでもかなりブルーになる症状ですよね。 でも、 …