美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

化学流産も出産のチャンスになる?

      2015/02/09

最近では、妊活に励む多くの女性が妊娠検査薬を持っているのではないでしょうか。

でも、こんな妊娠検査薬も「いち早く我が子の存在に気付いてあげたい!」と言う想いから、いけないと分かっていつつもついついフライング検査をしてしまう方もいるでしょう。

妊娠検査薬使用のタイミング

通常であれば、妊娠検査薬を使用するタイミングは生理予定日の1週間後です。それよりも前に検査したものに関しては、誤った反応が出てしまうこともあると言われていますよね。いや、それよりも最近の精度の良い妊娠検査薬は、何と化学的流産まで陽性反応を示してくれることがあるようです。

もちろん、全ての妊娠検査薬と言う訳ではないのですが。

化学流産とは

ところで、この「化学的流産」って、一体どういうことなのか知っていますか。化学的流産は妊娠の経過で色々ある流産の中でも妊娠超初期に起こる流産なので、流産としてカウントされることはほとんどありません。(参考:化学流産とは

その前に、妊娠検査薬を使用しなければ、本人さえも気付かないことが多いかも知れませんね。化学的流産とは、着床の段階と言う本当に初期的な段階で受精卵が流れてしまうことを言います。この化学的流産は、妊娠検査薬で陽性が出ることもあれば、通常の陽性よりも若干薄めの反応が出ることもあります。

もしここで陽性が出ても通常の生理と同じような出血があれば、受精卵は体外に排出されてしまいます。化学的流産はこのように生理で自然に受精卵が排出されるので、基本的には体の中から排出する手術を行ったりとか後遺症が残ったりなどと言う心配は一切ありません。

化学流産でも出産のチャンスがある場合とは

ちなみに、妊娠検査薬は「hcg」と言うホルモンの量を検出してくれるものです。それで、生理があってもhcgの値は高く妊娠検査薬で陽性の反応が続いている場合には、産婦人科にかかればもしかしたら流産を食い止めることができるかも知れません。

病院でも陽性反応が続いていて、飲み薬や注射などの方法で流産を阻止して出産に至った方も実際にいるようです。生理予定日に通常通りの出血があっても、妊娠検査薬で陽性が出ていて基礎体温が高温を維持しているのであれば、まずは産婦人科にかかることをお勧めします。

とは言っても、「絶対!」と言う保証はないので、気を楽にして産婦人科に行くのが良いかも知れませんね。「もし出産に繋がればラッキーですし、駄目だったとしたらこれから出産まで持ち答えてくれる強い子供を作ろう!」

こんな意識でいるのが良いでしょうね。

また、妊娠検査薬の陽性、基礎体温の高温が続いているのには、化学流産にも原因が潜んでいることがあります。「子宮外妊娠」と言って、受精卵が子宮内腔以外の場所、多くが卵管内で着床してしまう妊娠の可能性も考えられます。

この場合はお母さんと胎児の命に関わる妊娠で、緊急手術が必要となることもあります。いずれにしても、妊娠検査薬の陽性反応が続く場合、基礎体温の高温期が続く場合には、生理の有無に関係無く早めに産婦人科にかかった方が良さそうですね。





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

妊活のとき1回目と2回目で体温が違ったらどちらが正確な体温?

妊活を考えている女性には、朝起きてからすぐに体温を測ることを日課としている方が多 …

妊娠中の食事に注意!控えなければいけない食品は?【胎児への悪影響】

妊娠中には食事での摂取カロリーだけではなく、食事内容の制限も付き物ですよね。それ …