美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

ダイエットでのリバウンドを防ぐには?【リバウンドしないダイエット方法】

      2014/12/08

目標の大きいダイエットにチャレンジしようと思っている方ほど、リバウンドは付き物だと思った方が良いです。そもそも、リバウンドは私たちの体の保護機能であることを知っていますか。これさえ分かっていれば、皆さんはリバウンドを味方に出来るかも知れませんね。

リバウンドが起こる原因

リバウンドが起こるタイミングは急激な減量に成功した時です。体型にもよるのですが、減量するのは1ヶ月に2~3kg程度までにとどめた方が良いです。一気に5kg以上もの減量など度を越したダイエットをしてしまうと、体が飢餓状態だと認識して基礎代謝を制御してしまいます。

それで、エネルギーとして脂肪を溜め込みやすい体質へと変わってしまうのです。こんな時に、「目標を達成したからダイエットを終了!」などとドカ食いをすれば、当然必要以上に脂肪を溜め込んでリバウンドしてしまいます。

もちろん、目標体重を達成したと感じるのであれば、ダイエットを止めるのはOKです。ただ、一気に減量したダイエット効果であれば、以前とは体質が変化していることを理解して体型維持に努める必要があります。

実は、脂肪を溜め込みやすくなった体質は、体型を頑張ってキープしようと言う心掛け次第で改善することが出来るのです。これに関しても、私たちも持つ体の保護機能によるものなのです。暫く体型を維持しているうちに、ダイエットによる減量を「飢餓状態ではない。」と体が認識してくれるようになるのです。

ただ、中には、このダイエット効果がなかなか実感できない時期が耐えられない方も多いものですよね。一生懸命励んでいるダイエットも変化がほとんど見られなければ、途中で挫折してしまうのも当然ですよね。もちろん、ここで挫折すればリバウンドして今までのダイエットが台無しになってしまいますが。

リバウンドしないようにする方法とは

リバウンドを避けるためには、自分の体の保護機能を働かせないようにするしかありません。つまりは、体が飢餓状態だと認識しないようにするのです。そのためには、体に負担をかけないように無理なくダイエットに励むことです。

極端な食事制限、ハードな運動は出来るだけ避けた方が良いです。食事制限をするとしたら、せめて食事量を腹八分目に調整するとか、脂肪分や糖分の多い食品を適度に抑えるとか、間食を控えるなどにしておくのが良いでしょう。地味な食事制限に見えるかも知れませんが、これだけでも1ヶ月も積み重ねればそれなりに大きな結果として現れてくるはずです。

それから、運動に関しては、ウォーキングやジョギングのような適度な運動を長期間継続することを目標にしてみましょう。ハードな運動を1ヶ月間と限定して行うことにはあまり意味がありません。一時的に体重を落としてその体重をキープするために、適度な運動に切り替えるのなら良いのでしょうが。

リバウンドを避けるためには、まずは少しずつの減量目標を立てて長期に渡る計画を立てるのが良いでしょう。そして、短期間に一気に痩せなければいけない事情がある場合には、ダイエットを止める時の体型維持の方法も考えておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

甘いものを吹っ切るために出来ることは?【砂糖依存症を克服するには】

糖分は肥満の原因にも生活習慣病の原因にもなるので、出来ることなら控えたいと思って …

下半身デブを卒業!脚痩せダイエットの方法とは?

「下半身デブ」なんて言う言葉があるように、下半身に脂肪が付きやすくて悩んでいる女 …