美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

軽度アルツハイマー型認知症とはどういう病気?初期症状について

      2015/06/27

「軽度アルツハイマー型認知症」って聞いたことはありませんか。高齢化社会の現在、高齢者の色々な病気の危険性を心配する方が増えているのではないでしょうか。年を取ると物忘れが酷くなるのは、多くの方が分かっていることです。

でも、具体的には、どういうものが病気として判断できるものなのかと言うと、とても難しいものですよね。実は、軽度アルツハイマー型認知症は、初期症状を見逃してしまうことも多い病気なのです。

軽度アルツハイマー型認知症の初期症状について

まずは、高齢者のいる方は、次のようなポイントをチェックしてみましょう。

・物を無くすことが多い。中でも、物を普段では置かないような場所に置き忘れていることがある。
・同じことを何度も繰り返し聞いてくることがある。あるいは、同じ話を何度も繰り返し話していることがある。
・頼まれごととか約束事を忘れていることが多い。

このようなことが頻繁に見られる場合には、もしかしたら既に軽度アルツハイマー型認知症を発症しているのかも知れません。すぐに医療機関で診察を受けることをお勧めします。

病院で行う認知症検査

病院に行って主に行う検査は、次のようなものです。

まずは、問診によって、どの程度物忘れの症状が進んでいるのかを確認します。そして、必要に応じて、血液検査や画像検査を行うこともあります。画像検査には、「MRI」と言って電磁波を使って脳の写真を撮るもの、「SPECT」と言って放射線を発する薬剤で脳の血流を写真にするものなどがあります。

ちょっとした症状で軽視しないように

ところで、高齢者の方と暮らしている家族の方は、「本人が大丈夫なら良いだろう。」とちょっとした症状も見過ごしてしまうことがあります。

でも、今は良いとしても、初期症状を見逃してしまったことが後々大変な自体に発展することも多いものです。高齢者の方の体の心配と言うよりは、色々なことが介護者の方に降りかかってくるのです。高齢者の介護生活にも高額な費用がかかりますし、精神的な苦しみもあります。子育ての場合は子供の成長とともにいつかは解放されることが分かっているので良いとして、介護の場合はいつまで続くのか終わりが見えません。

高齢者の病気は一度悪くなると良くなることは考えにくく、どんどん悪くなることの方が多いものです。介護も時間の経過とともに、どんどん大変になっていく可能性の方が高いですよね。

しかも、介護生活をしている間は、介護施設や介護サービスを使用しない限りは、家族が介護の責任を負うことになります。「1日家にいなければならないから、働きに出ることができない。出費は増えても収入を増やすことができない。」こんな悩みを抱えている介護者も実に多いものです。

参考サイト:訪問介護で感じた在宅介護の現状について

介護する前からここまで現実的なことを考えている方は、極めて少ないでしょうね。軽度アルツハイマー型認知症のような高齢者の病気を100%防ぐのは無理ですが、せめて初期段階で症状の変化に気付いてあげることができて、少しでも介護生活を遅らせることができると良いですよね。





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

脳の老化の原因と対策について【脳の老化が始まる年齢】

「昔に比べると物忘れが激しい。」とか「思考力が鈍くなった。」と言う方は多いでしょ …