美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

生理前と妊娠超初期の症状は腰痛から判断できる?【妊娠検査薬の使用について】

      2016/09/21

「妊活」と言う言葉がよく使われるようになり、「小さな命を授かる」と言う意識が昔以上に強くなっている最近では、妊娠超初期の症状を心待ちにしている女性も多いものですよね。

Sponser Link

妊娠超初期は妊娠しているか判断が難しい

ところで、妊娠超初期の間は、つわりのような大きな症状はまだ起こっていません。なので、正直な所、この段階では妊娠しているかどうかを判断しにくいのが現実です。妊娠していることがはっきりと分かるのは、生理予定日の1週間後です。排卵から大体2週間後に来るはずの生理が3週間しても来なければ、いつも順調に生理が来ている方であれば当然おかしいと思いますよね。

これくらいの時期になると、早い人だともうつわりの症状が現れ始めているようですね。

産婦人科の減少

でも、最近では産婦人科が減少していて、ちょっと妊娠が分かるタイミングが遅れるだけでも病院選びが限られてしまうことが多いのです。個人病院は妊娠6週目くらいで分娩の予約をお願いしようと思っても、「もういっぱいです。」なんて言われることもよくあるのです。

妊娠が早めに分かることは、いち早くお腹の中の子供の存在に気付いてあげられる点もメリットと言えます。できることならお腹の中の赤ちゃんのためにも、病院の分娩予約のためにも早めに妊娠しているかどうかが分かると良いですよね。

妊娠を早くチェックする方法:妊娠検査薬

その方法として、1つには当日から使用できるタイプの妊娠検査薬を使う方法もあります。

 Amazone妊娠検査薬 人気ランキング

これに関しては、多少費用もかかりますし、生理予定日1週間後ではなく当日から使用できるタイプの妊娠検査薬の場合は薬剤師さんの処方が必要となります。生理予定日1週間後でフライング検査と言う方法もありますが、化学流産に対しても反応してしまうことがあり精度は落ちます。

関連記事
化学流産とは?
化学流産も出産のチャンスになる?

費用をかけずに妊娠をチェックする方法

「費用をかけずに」と言うのであれば、生理予定日前後の症状を気にしてみるのも良いでしょう。

これに関してもあまり正確ではないのですが、費用をかけない分まだ許せるのではないでしょうか。妊娠超初期症状として、「生理予定日前後の腰痛がいつもと違う。」なんて言うことから妊娠に気付いた方もいるようです。通常生理前の腰痛は、排卵が終わってから生理日の数日間の間に起こることが多いものですよね。背中から腰にかけて重みがあるようなズシンとした鈍痛を経験することがあるようです。

一方、妊娠超初期症状の腰痛は、生理予定日くらいから症状が現れて腰全体の鈍痛とか骨盤辺りの痛みとして実感する方が多いようです。とは言っても、腰痛だけでは良い方に期待してしまいそうですよね。他の症状も合わせて考えた方が良いでしょうね。高温期が続いているか、軽い吐き気や胸の張り、倦怠感、眠気などの症状はあるかを確認しましょう。

これらの症状も、生理前と妊娠超初期とで似ていますよね。高温期は一般的には3週間続けば妊娠の可能性が高いと言われていますよね。心配しなくても妊娠していればいつかは何らかの変化に気付くはずなので、どうしても早く知りたいと言う場合には生理予定日当日から使える妊娠検査薬を使用してみると良いかも知れませんね。

妊娠のためにの妊活専用サプリもおすすめです

妊娠のためにできる限りのことはしておきたいものですよね。

妊娠のためには

  • 日本産マカ
  • 葉酸
  • 金時しょうが
  • スプルリナ
  • ルイボスティー

これらの栄養素が必要とされています。

食品だけではなかなか摂取が難しい以上の要素ですが、オールインワン妊活サプリmakanaは妊活に必要な栄養素を全て摂取することができるサプリメントです。

妊娠の可能性を少しでも高めるためにできるかぎりのことはしていきたいですね。

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2人目の妊活を始めるタイミングはいつが良い?

1人目の出産を終えて、「この子にも兄弟がいた方が良いよね。」なんて夫婦で話し合う …

妊活中の女性にとって興味深い男女産み分け法とは?

妊活中の方の中には、「男の子が欲しい。」とか「女の子が欲しい。」などの希望を持っ …