美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

デザートは朝食で食べるとダイエットになる?

      2014/11/13

一生懸命にダイエットに励んでいる中、途中で甘くて美味しいデザートに手を出してしまえば、それこそ今までのダイエットを無駄にしてしまいそうですよね。だからこそ、欲しいながらも、必死でデザートに対する欲に耐えている方も多いのではないでしょうか。

ところが、ある情報によると、「デザートは食べても良いが、朝食に食べればダイエットの邪魔にならない。」と言うことだそうです。この説に対して、「朝にデザートのような糖分を摂取すると、胃に負担がかかるのではないか?」と心配する方もいるかも知れませんね。

それにしても、なぜ朝にデザートを食べることがダイエットの邪魔にならないのでしょうか。

ちなみに、朝食にデザートを食べると言うのは、あくまでもカロリー制限の範囲内のことなので、決してデザートを欲しいままに食べても良いと言う訳ではありません。これはイスラエルの研究所で行われた研究で、肥満の方を対象に次の2つのグループに分けて実験を行いました。低糖質かつ低カロリーの朝食を食べるグループと、高タンパク質で高炭水化物かつデザートを含む朝食を食べるグループです。

いずれのグループにおいても、実験では1日の摂取カロリーは男性が1600kcal、女性が1400kcalで行われました。このカロリー制限の影響で、初めの3ヶ月程はいずれのグループでも10kg以上の減量が確認できたようです。

ところが、16週間以上してからは、低糖質かつ低カロリーの朝食を食べるグループで約1.5kg程のリバウンドが見られたようです。逆に、高タンパク質で高炭水化物かつデザートを含む朝食を食べるグループでは、さらに5kg以上の減量が確認できたようです。

「朝からデザートなんて、いかにもダイエットに良くなさそう。」と思うのでしょうが、食事制限を完璧にこなそうと思う方が大変なのかも知れませんね。

食事制限を完璧にこなそうと思えば思うほど、カロリーを超える食品は我慢しなければならないのです。我慢をして欲求が満たされないことが重なると、ちょっとした甘えでデザートを口にした瞬間コントロールが効かなくなってしまいそうですよね。

でも、朝食の後に大好きなデザートを食べれば、一気に心が満たされそうですよね。

その後の食事においても、「今朝ちゃんとデザートを食べたから。」と言って頑張りやすくなるのではないでしょうか。ダイエットによるストレスを避けるためには、やはり活動する前にデザートを食べることですね。

朝であれば、夜寝る前とは違って昼間の活動中にカロリーを消費しやすいのもありますよね。とは言っても、朝デザートを食べて昼も夜も普通の食事をしていては、決してダイエットにはならないので注意しましょう。

体型にもよるのですが、実験のように男性なら1日1600kcal、女性が1日1400kcalを目安に考えてみましょう。昼と夜はちゃんとカロリー制限して、朝は前日の昼と夜の食事制限を頑張ったご褒美としてデザートを食べるくらいの気持ちでいるのが良いかも知れませんね。

スポンサーリンク






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最近人気のダイエット法!アルカリ性ダイエットとは?【NYセレブ発】

「寒い時期に溜め込んだ脂肪を、何とか温かい時期のうちに落としたい。」と思って、ダ …

太りにくい食事のタイミングは起床して12時間以内に3食済ますべき

「この時間帯に食べると何となく太りにくいかも。」こんな食事のタイミングは大体分か …