美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

妊活中に心掛けたい習慣は?【適切な妊活の方法とは】

      2014/08/24

「子供は授かり物」と言う意識が以前に比べて強い最近では、「妊活」と言う言葉をよく耳にするようになりましたよね。「妊活のため休業に入ります。」なんて言う宣言をする芸能人もいるくらいですよね。ところで、妊活では一体どのようなことをすれば良いのでしょうか。

まず、妊娠は健康的な女性でないと出来ないことは、誰もが知っていることですよね。健康的な食生活や生活習慣を心掛けることだけでも、十分妊活になる訳です。心身の疲労は溜まっていませんか。体に溜まった疲労だけではなく、精神的なストレスも不妊の原因になります。

と言うのは、ストレスはホルモンバランスに関係しているもので、細胞を老化させる恐れがあるからなのです。とは言え、何をしていても少なからずストレスはありますよね。こんな時には自分の好きなことを考えてみることです。仕事や家事の休みを少なくとも週に1日は作って、休みの日に自分の好きなことを思う存分楽しむのです。

なかなか休み時間もないと言う方は、アロマオイルを利用してみるのもお勧めです。ローズとかラベンダの香りは、リラックス効果のある香りとして人気がありますよね。それから、健康であるためには、体内の免疫力を高めることも重要です。実際に体内の免疫力は妊娠力に大きく関係するものとして、ある研究でも証明されたようです。

栄養バランスの良い食生活、適度な運動などを心掛けることは大切ですね。特に野菜やフルーツのビタミンには免疫力を高めることがあるので、ぜひ積極的に摂取したいものですね。

また、「冷え性は妊娠しにくい体に。」なんて言うことをよく聞きますよね。冷え性になると冷たい血液が卵巣や子宮に届くことになるので、卵巣や子宮の機能が低下しやすくなるのです。質の良い卵子を作りにくくなったり、着床しにくくなったりしてしまいます。体の冷えを予防するためには、体の温まる食べ物を積極的に摂取することが大切です。夏でも冷たい飲み物ばかり飲んでいては、体が冷えやすくなってしまいます。

さらに、下半身を冷やすような、ショートパンツやミニスカートなどの服装も、卵巣や子宮を冷やしやすくなってしまいます。適度な運動をしたり、半身浴をしたりするのも、体の冷えを予防するのに効果的です。このように、妊活はただ子供を授かりたいと言う気持ちだけでは、なかなか成功しません。妊活中の女性がよく見落としがちな点である、自分の健康管理をしっかりとすることが大切ですね。

スポンサーリンク






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

産後の肥立ちに注意すべき期間はいつまで?【産後の体調不良を予防】

「出産を終えれば体が楽になる。」と思っている妊婦さんは多いようですが、産後にも「 …

生理前と妊娠超初期の症状は腰痛から判断できる?【妊娠検査薬の使用について】

「妊活」と言う言葉がよく使われるようになり、「小さな命を授かる」と言う意識が昔以 …