美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

赤ちゃんを泣き止ませる意外な方法とは

      2014/08/26

育児中のままにとって大変なことと言えば、泣いている赤ちゃんを泣きやませることですよね。よくなく赤ちゃんだと、抱いているうちに眠った赤ちゃんを布団に寝かせようとするだけでも泣いてしまうことがあるんですよね。赤ちゃんを泣きやませる方法として、もっとも定番な方法は添い乳をすることです。赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる間は、常にお母さんと一緒ですよね。

「生まれてからはお母さんと離れてしまうのではないか?」と不安ばかりが強くなっていく赤ちゃんも多いようです。でも、お母さんのおっぱいに触れていることで、お母さんと一緒にいるんだと言う安心感を与えられてホッとするようですね。添い乳はお母さんも一緒に寝ることが出来るので、もっとも楽な寝かしつけかも知れませんね。

ただ、あまりやり過ぎてしまうと、赤ちゃんがなかなか母乳から離れてくれなくなってしまう危険性もあります。母乳をあげないと寝てくれないなんていうこともあるので注意が必要です。それから、なかなか赤ちゃんが寝てくれないとか夜泣きが多いなどと言う時には、寝る前に興奮することがあったのかも知れませんね。赤ちゃんは昼間にあった出来事を睡眠中に整理していて、もし昼間に怖いことがあると夜中に思いだして夜泣きしてしまうこともあるようです。寝る前は刺激的な映像などは、あまり赤ちゃんに見せない方が良いようです。

もちろん、赤ちゃんが泣いてしまった時には、お母さんが一緒にいることを伝えて赤ちゃんに安心感を与えてあげましょう。また、赤ちゃんはドライブ中によく寝てしまうこともあるようですね。これはチャイルドシートの狭い環境がお母さんのお腹の中にいた環境と同じように感じる上に、振動が心地良いからだと言われています。とは言っても、しょっちゅうドライブに出掛ける訳にも行かないですよね。ドライブと似たような環境を作ることが出来れば、赤ちゃんがホッとして寝てくれることもあるかも知れませんが。

この他、赤ちゃんはビニール袋のガサガサした音を好む傾向にありませんか。掃除機の音で泣きやむ赤ちゃんもいるようですね。実は、これらは赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時と同じような音だからなのです。ただ、寝る時にビニール袋を与えると、ビニール袋で遊んでしまってかえって寝なくなってしまうことがあります。掃除機にしても、コードを引っ張ったりして危ないので、赤ちゃんから目を離さないように気を付けましょう。

スポンサーリンク






Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

睡眠時間足りている?赤ちゃんの睡眠時間の目安は?

他のお子さんと比較したり、育児書に書かれている睡眠時間と比較して、「うちの子、睡 …

子供の紫外線対策は必要?乳幼児の日焼け止めは大人と同じで良いの?

かつては、「子供は日焼けをした方が健康的!」と考えられており、日光浴を勧める大人 …