美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

夏バテの昔と今の違いは温度差による自律神経の乱れ

      2016/06/10

私たちの食生活、環境などは時代とともに変化していますが、実は夏バテも時代とともに変化しているようです。昔と今とでは、夏バテの原因や症状は若干異なるようです。同じように「夏バテ」と言う名前が付いているのに。ある程度年齢の行った方に聞くと「昔は夏になるとこんな症状があったけど、最近では夏になるとこんな症状がある。」なんて言う方もいるかも知れません。では、昔の夏バテと今の夏バテは、一体どのように違うのでしょうか。

どういう症状があれば夏バテ?

 

Fotolia_85508686_Subscription_Monthly_450日本の夏と言えば、ただ気温が高いだけではなく、湿度の高い梅雨の時期も訪れますよね。私たちの体はどんなに大変な時期でも、一生懸命に対応しようとします。

でも、高温湿潤な夏ばかりはどうしても上手く対応しきれず、体調を崩してしまうことがあります。具体的な症状としては、体のだるさ、集中力の低下、疲れやすさ、食欲不振、胃の不快感、下痢、めまいなどの症状です。

これらの症状に該当しない不調でも、夏だけ何らかの不調が起これば夏バテに該当します。

夏バテは昔とはどういうふうに変化しているの?

Fotolia_84900892_Subscription_Monthly_450

気候が暑くて体を冷やそうと、とにかく冷たい飲食物を大量に摂取することはありませんか?

このようなことをすると胃液の濃度が薄くなって、消化が悪くなると同時に食欲まで低下してしまいます。実は、昔ながらの夏バテとはこのようなもので、偏食、食欲の低下、睡眠不足などが主な症状です。

一方、最近は職場でも自宅でも冷房が効いていることが多く、夏でも比較的心地良く過ごしている方が多いのではないでしょうか?

でも、このような環境では、今度は私たちの体が室内と外の温度差に対応することができず、体のバランスを崩しやすくなります。

そして、自律神経の乱れが生じて、心身のバランスまで崩してしまうこともあるのです。つまり、昔の身体的な症状に加えて、精神的な症状が起こりやすくなるのが今の夏バテです。

今の夏バテを乗り切る上手な冷房の活用法は?

Fotolia_104115428_Subscription_Monthly_450

今の夏バテの原因が「冷房の使用による室内と外の温度差」と分かれば、今の夏バテを乗り切るためには上手に冷房を使う必要があることは何となく分かるでしょう。

まず、第一にする必要があるのが、冷房の温度の設定です。私たちの体は5℃以上の温度差には対応することが難しいので、1つの目安として冷房の温度を28℃にしておくことをお勧めします。

そして、睡眠中ずっと冷房を付けておくのでは今度は部屋が冷えすぎてしまうので、数時間ほどで切れるようにタイマーを設定しておきましょう。

また、自分の好きな温度に設定できない公共の場では、薄手の上着や膝掛けなどを持参して、必要に応じて脱ぎ着して服装で調整しましょう。

合わせて読みたい:夏バテ攻略法

参考サイト:夏バテを乗り切るための暮らし方:生活習慣と食生活





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏バテを乗り切るための暮らし方:生活習慣と食生活

夏バテ対策と言うと、何か特別なものを食べたり飲んだりなどの対策が必要だと思ってい …