美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

美味しいだけじゃない!ヨーグルトのとろみに隠れた健康効果とは?

      2017/04/27

美味しくて健康効果が期待できるのであれば、それに越したことはありませんよね。「健康効果があっても、美味しくないものを我慢して食べなければいけない!」とか「美味しいのは良いけど、健康を害してしまう!」なんて言うものは、たくさんありますから。実は、健康効果が高いことでよく知られているヨーグルトは、とろみのあるものほど健康効果が期待できるようですね。では、とろみのあるヨーグルトの健康効果について見てみましょう。

そもそも、ヨーグルトのとろみとは一体?とろみの健康効果

91df4076427e0eb2d0affb6344e2763d_s

ヨーグルトのとろみを実現している成分は、「EPS(Exopolysaccharideの略)」で、乳酸菌が発酵する際に作り出されるものです。

ただ、乳酸菌と言っても色々な種類の乳酸菌があるのですが、もっともとろみのあるEPSを発生させてくれるのは「クレモリス菌」と言う乳酸菌です。クレモリス菌は楕円型の菌が鎖状に繋がった連鎖球菌で、生きた状態で腸まで達しやすいと言うメリットを持っています。健康効果を期待してヨーグルトを摂取するからには、やはりこのようなメリットを持ったヨーグルトを選んで、十分な効果を実感したいものですよね。

また、クレモリス菌によって作り出されたEPSが、クレモリス菌を保護してくれると言うメリットもあります。

乳酸菌だけでも効果は不十分?腸内フローラの改善

Fotolia_72859868_Subscription_Monthly_M

そもそも、EPSはとろみの元となる成分で、とろみのほとんど無い硬めのヨーグルトだと、EPSがほとんど含まれていない可能性があります。

ただ、EPSには乳酸菌を保護する役割もあるので、できることなら乳酸菌だけではなく乳酸菌と一緒にEPSも摂取したいところです。乳酸菌とEPSが同時に腸内に届くと、腸内の細菌のバランスを調整したり、感染症やアレルギーに対する免疫力を強化したり、中性脂肪や血糖値を減らしたりなどの効果が、乳酸菌だけで摂取した時よりも高まりやすくなります。

乳酸菌とEPSを効率良く摂取するには?簡単、自家製ヨーグルト

Fotolia_84674226_Subscription_Monthly_450

乳酸菌とEPSを効率的に摂取するためには、まずはクレモリス菌の含まれているヨーグルトを探して摂取するのが効果的です。

ただ、市販のヨーグルト以上に高い効果が期待しやすいのが、クレモリス菌の使われている種菌粉末と牛乳を混ぜて発酵させて作る手作りヨーグルトです。

ヨーグルトの具体的な作り方は、

蓋付きの容器に種菌粉末と牛乳を入れて混ぜ合わせ、蓋をした状態で2日前後常温のまま置いておけば完成です。

できたものを種として若干残しておけば、次回新しくヨーグルトを作る際に新たに種菌粉末を用意する必要が無くなります。

ちなみに、ヨーグルトを新しく作り直すタイミングは、とろみが減ったと感じた時です。とろみが減ることは菌の寿命が尽きるのが近いことでもあるので、勿体ないからと言って食べても十分な健康効果は期待できません。

ヨーグルトの効果を引き出す方法をご紹介

参考:ヨーグルトは食べ方次第!ヨーグルトの健康効果を最大限に高めるコツは?

 





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

女性の薄毛対策もシャンプーの見直しが必須【知らずに行っているNG習慣】

「自分は女性なのに髪の毛が薄い。」なんて言う悩みを抱えていませんか。「いつまでも …

乾燥肌は改善できる?【手軽にできる乾燥対策】

乾燥肌は元々の肌質だと思っている方は多いでしょう。 果たして、これは本当なのでし …