美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

レーシックを受ける前に知っておきたい レーシックのデメリットとは?

   

裸眼に近い状態で視力が良いのに、越したことはありません。でも、「コンタクトレンズだと、ちょっとゴミが入っただけでゴツゴツするし、毎日のケアも面倒だし。」と思っている方も多いでしょう。こんな方ほど興味を持つのが、レーシックですよね。ただ、裸眼で完璧な視力の回復が可能かに見えるレーシックにも、治療によるリスク以外に色々とデメリットがあるようです。では、レーシックの大事なデメリットについて見ていきましょう。

レーシックでできることは?

Fotolia_86034707_Subscription_Monthly_450

まず、レーシックはエキシマレーザーで角膜のカーブを削りながら変えていくことで、近視のような屈折異常を治療する方法です。

もちろん、1度治療で削った角膜に関しては元に戻すことができないからこそ、治療を受ける前に慎重な判断が必要なのです。それで、レーシックでできることは、今現在の近視を可能な範囲で矯正することです。つまり、レーシックで矯正できる度数には限りがありますし、今後視力が低下することをレーシックによって阻止することは不可能です。なので、18歳未満の成長過程にある方は、レーシックを受けられません

それから、レーシックは近視に対して効果を発揮するものなので、40代以上になって始まる老眼には効果がありません。この他、レーシックで近視を矯正することで遠くの物が見えるようになっても、近くの物は逆に見えにくくなってしまうこともあります。

治療後に角膜の異常が感じられることも!

Fotolia_76454953_Subscription_Monthly_450

レーシックによるデメリットには、角膜の異常が挙げられます。角膜の異常と言っても実は色々な症状があって、角膜が変形したり濁ったりなどの異常があります。レーシックでは近視が酷い方ほど、角膜の削る部分も大きくなってしまいますよね。

それで、治療で薄くなった角膜が前に飛び出すことで、視力が低下してしまうこともあるのです。あるいは、角膜の中央部を削ること自体で角膜が濁ったり、治療後の感染症で角膜が濁ったりすることもあります。あまりにも角膜の異常が酷いと、角膜を移植する手術が必要になったり、最悪の場合は失明に至る場合もあります。

視力が低下したり、眼圧の測定がしにくくなることがある!

Fotolia_113500264_Subscription_Monthly_450

レーシックを受けた後の目の不調として、まずは夜間に浴びる光が極端に眩しく感じたり、暗闇の中で物が見えにくくなることがあります。それから、レーシックを受けてから角膜の削った部分が目に向かって飛び出して、視力が低下することがあります。

これに関しては、再度レーザー治療を受けることで治ることもあるのですが、矯正度数や角膜の厚さなどの関係で再手術が不可能なこともあります。

この他には、レーシックを受けて角膜が薄くなると、眼圧が低めに出たり、眼圧が正確に測定できなくなることがあります。近視が酷い方ほど緑内障になりやすい上に、眼圧が正確に測定できなければ、緑内障の発症を見逃してしまうこともあります。

このようにレーシックによる色々なデメリットを考えると、これらのデメリット以上に視力を良くするメリットが無ければ、レーシックを受けることをもう少し考えてみた方が良さそうです。

視力に関する関連記事

参考:コンタクトレンズの誤った使用方法は目のトラブルに?【目の病気にかからないために】

参考:レーシックを受けることをお考えの皆様へ ―そのレーシックは本当に安全でしょうか?―





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

朝起きた時の目の乾燥を解消するためには?【ドライアイの原因と予防法】

朝起きた時に目が乾燥して開けているのが辛い状態を経験したことがありませんか。「目 …

視力の低下はパソコンやスマホが原因?【ブルーライトカット効果】

現代人には、視力の低下や目の疲れに悩まされている方が多いものですよね。 「これっ …