美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

赤ちゃんのうつ伏せ寝は危険?乳幼児突然死症候群(SIDS)に注意

   

赤ちゃんが気持ち良さそうにうつ伏せ寝をしていると、そのまま放置して良いものか、仰向けにしてあげた方が良いものか、悩むことはありませんか?放置したいと思う人としては、「せっかく気持ち良さそうに寝ているのだから、動かして起こしてしまうのも悪い。」と考えたくなるところですよね。でも、「うつ伏せ寝には窒息死の危険性がある。」と言うようなことを聞いたこともありますよね。では、こういう場合には、一体どうしたら良いのでしょうか。

うつ伏せ寝だと本当に突然死の原因になるの?

Fotolia_94030816_Subscription_Monthly_500

赤ちゃんの突然死である「乳幼児突然死症候群(SIDS)」と言えば、多くのママが「うちの子は大丈夫だろうか?」と心配になるところですよね。

乳幼児突然死症候群は、赤ちゃんが睡眠中に突然死に至るものです。

生後6ヶ月までの寝返りがきちんと打てない間の赤ちゃんに多いと言われていますが、残念ながら何が原因なのかははっきりと分かっておらず、対策のしようがありません。

ただ、最近では、呼吸機能、睡眠などとの関係が指摘されています。実際に、欧米のある研究では、赤ちゃんを仰向けで寝かせたところ、乳幼児突然死症候群の発症率が低下したようです。

いつまでうつ伏せ寝に注意すれば良いの?

Fotolia_99048200_Subscription_Monthly_450

できることなら、赤ちゃんが一番心地良いと感じる姿勢で寝かせてあげたいですよね。

でも、自分できちんと寝返りが打てない間、生後6ヶ月くらいまでは注意が必要です。睡眠中は無意識のうちに体を動かして、布団などで鼻や口など塞いでしまうことがあります。寝返りが上手に打てる赤ちゃんであれば良いのですが、寝返りがきちんと打てないと鼻や口は塞がれたままになってしまいますよね。

乳幼児突然死症候群のリスクを減らすためにも、生後6ヶ月くらいになってきちんと寝返りが打てるようになるまでは、できるだけ仰向けで寝かせるよう心掛けましょう。もしうつ伏せで寝かせる場合には、ずっと赤ちゃんの様子を見ていた方が良いです。

どうしても赤ちゃんがうつ伏せ寝をしてしまう時はどうすべき?

Fotolia_97091045_Subscription_Monthly_450

赤ちゃんのうつ伏せに気付いて、ママがせっかく赤ちゃんを仰向けにしてあげても、また赤ちゃんがうつ伏せ寝をしてしまうこともありますよね。酷い時には、仰向けにされるたびに大泣きしてしまう赤ちゃんもいるでしょう。こんな時はさすがに諦めて、赤ちゃんの気持ち良いようにさせてあげたいと思うかも知れません。

でも、乳幼児突然死症候群のリスクを考えたら、やはり赤ちゃんがうつ伏せ寝をするたびに仰向けに直してあげた方が良いです。どうしてもと言う場合には、少しの間はうつ伏せ寝にさせてあげても良いのですが、赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

枕を使わずに他の寝具は若干硬めのものにして、顔の周辺におもちゃやタオルなどの不要なものを置かないようにすることも大切です。

■赤ちゃんの睡眠についてご紹介

参考:睡眠時間足りている?赤ちゃんの睡眠時間の目安は?

■赤ちゃんを突然死から守る

参考:赤ちゃんを揺さぶってあやすのは危険!乳幼児揺さぶられ症候群とは?
参考:赤ちゃんのうつぶせ寝はいつから?なぜ好きなの?突然死のリスクは?

 





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2歳児のイヤイヤ期が始まった時の親の心構えと対処法

小さいお子さんを持つママなら、1度は2歳児の「イヤイヤ」の対応に困った経験がある …

赤ちゃんのミルクはこんな与え方をすると太る?【適切なミルクの量、いつまで飲ませれば良いか】

乳児検診の時に、医師から「太りすぎですよ。」なんて言われた経験のあるお母さんはい …