美容健康サロン.com

美容健康サロン.comへようこそ。ここでは美容と健康に役に立つ情報を提供していきます。

老眼は何歳くらいから気を付けるべき?【老眼の予防策について】

      2015/02/09

加齢が進んで老眼になると、近くが見えにくくなることがあります。よく高齢者が虫眼鏡を使って、文字を読んでいるのを見掛けることはありませんか。老眼はまさに虫眼鏡が欲しくなる視力の低下なのです。

老眼はいつから始めるのか?

ところで、老眼っていつ頃から進むのか知っていますか。通常は40歳以上になると、老眼の心配が出てくるようですね。ただ、老眼が発症する年齢には個人差があって、中には30代の若いうちから老眼に悩まされる方も少なくないようですね。遅い方で50歳以上になって、老眼だと気付く方もいるようです。

老眼になってしまったらどうすればいい?

老眼になったら、やはり眼科には行った方が良いのでしょうか。中には、誰もが経験する視力の低下だからと言って、眼科に行かない方もいるようですね。眼鏡も使用しない方もいます。「眼鏡なんて100円ショップで売っているのに。」なんて思いますよね。老眼を甘く見ず症状に気付いたら、1度は眼科に行っておきたいものですね。

そして、眼鏡は絶対にかけた方が良いです。

もし眼鏡を使用しないで過ごしていると、一生懸命に見えにくいものを見ようとして目を酷使してしまうことに繋がります。老化が進行したり、目の疲労が激しくなってしまうこともあります。

最近では度数を調整できる眼鏡もあり、遠近両用で使えるものもあります。

参考:度数を調整できるメガネ

さらに、自分だけの問題に限らず、日常生活に支障が出てくることもあるかも知れません。例えば、車を運転している時に、正しい運転が出来なくなってしまえば、自分自身だけでなく他人にも怪我を負わせてしまう危険性も十分にありますよね。

老眼の進行を遅らせるためにはどうすればいい?

では、こんな老眼を少しでも遅らせるためには、一体どうしたら良いのでしょうか。

まずは、目を酷使しないように心掛けることです。最近はパソコンやスマホなどで目を酷使する方が多いですよね。目が疲れていると、若い方でも近くが見えづらくなって老眼のような症状が起こってしまうことがあるようです。パソコンやスマホが当たり前のようになっている現在社会では、これらを全く使用しないと言うのは難しいので、せめて間に小休憩を外の景色を見ながら目を休ませるくらいのことはしたいものですね。

それから、意外な感じがするかも知れませんが、目にも紫外線対策は必要です。紫外線によって肌トラブルが起こるように、目も紫外線によってトラブルが起こるものです。紫外線の強い時期だけでも、サングラスをかけたり帽子をかぶったりなどの紫外線対策をしておきましょう。目球を上下左右に動かすトレーニングで、目の筋肉を鍛えることも老眼対策にお勧めです。





Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

紫外線が原因の目の病気「瞼裂斑」とは?【目に黄色いシミが!発症率は57%!】

「瞼裂斑」と聞いて、「これって何て読めば良いの?」と言う方は多いのではないでしょ …

コンタクトレンズの洗浄は自動で手軽にできる?【自動レンズ洗浄アイマジック】

1日の使い捨てではなく、2週間とか1ヶ月とか長期間継続使用できるコンタクトレンズ …